トップイメージ
週刊誌のチラシ、スポーツ新聞、街角に配布された宣伝やDMなどで、「負債の整理任せなさい」「負債を一括化しませんか」といった売り文句を目にすることがありませんか。これらは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介人」と呼ばれている悪徳業者の広告のときもあるということです。こういったものを申し込んだ場合は自己破産手順の中で最も重要な免責承認をもらえないパターンが存在します。「整頓人」の場合ビラなどで債務者を集め法外な手数料を受け取って負債整頓をしますけれど負債整頓は行われないで、さらに借金スパイラルに陥るケースがほとんどと思われます。「買取業」は債務人のローンで、家電製品、飛行機のチケットなどを大量に購入させ当人からこれらの品物を定価の3割から40%で購入するという方法が主です。依頼者は瞬間的にはお金が懐に入りますがそのうちカード企業からの買ったものの売値の請求がくることになり、借金を増額させることになります。この場合はクレジットカード業者への詐欺行為とされてしまい免責承認を受けられません。「つなぎ屋」は名の知れたサラ金から借りられなくなった負債人について業者として金貸しはせずに、貸出をする企業を教えて、依頼料を要求する業者です。紹介人は自らの苦労で融資可能となったというように会話しますが、現実は何もしておらず、単純に審議の甘めの店を知っているということなのです。このケースも本当は借金をアップさせる結果となります。

リンク

Copyright © 1998 www.e7news.com All Rights Reserved.