トップイメージ
書籍の宣伝広告、タブロイド紙、電柱にある宣伝広告や郵便広告で「債務の合理化いたします」「多重借金を一本化しましょう」などといった惹句を読むことがありませんか。そのようなものは、「片付け屋」「買取専門屋」「紹介屋」と呼ばれる会社の嘘広告のケースもあるということなのです。このようなものを利用した場合には破産申請フローの中で一番大切な免責決定を受け取れないパターンもあります。「整頓屋」とは、広告などで負債者を呼び出し常識外の依頼料を出させて債務整理を行いますが実際は債務整理は行われないまま、負債者はより借金地獄に落ちるときが大方と言ってよいでしょう。「買取業」は、借金者のクレジットで、電化製品、旅行の券を買い入れさせて債務人からそれらの商品を購入額の2割ー額面半額で引き取るという手段のようです。借金者は現金が懐に入りますが、まもなくクレジット会社経由で買ったものの販売額の支払い要求が届き、本当は負債を増額させる結果になります。このケースだとカード会社に対しての犯罪ということになり免責許可を手に入れられなくなります。「つなぎ業者」の場合著名な貸金から断られる負債人について自分では資金提供はしないでおいて、提供を可能である異なる企業を紹介して、法外な料金を請求する会社です。専門的な苦労で貸出してもらったというように会話しますが本当のところは何もしておらず、単純に審議の緩やかなルートを把握しているだけです。この場合でも結局のところ借金を増やすだけです。

リンク

Copyright © 1998 www.e7news.com All Rights Reserved.