トップイメージ
破産の際にその債務にあたってその保証人となる人を立てている場合には早い段階で話をしておくべきでしょう。ふたたび、強調させていただきますが保証人が存在するときは自己破産手続き以前に前もって検討するべきです。つまりはもし破産手続きを出して受理されれば、その人があなたが借りた借金をいっさいがっさい負うことになってしまうからです。ということから、自己破産手続きの前段階に保証人に、これまでの内容やおかれた現状を説明して、謝罪をしなくてはなりません。そういったことはあなたの保証人の立場に立つと当然のことです。負債者のあなたが自己破産をすることから、何百万円もの債務が生じるのです。そして、それからの保証人になってくれた人の取るべき選択肢は4つあります。1点目ですが、保証人である人が「すべてを払う」という選択肢です。保証人自身がいつでも何百万もの金額を問題なく弁済できるお金を持ち合わせていれば、できます。しかしながら、そのまま破産申告せずにその保証人に立て替えを依頼して、あなた自身は保証人となる人に月々返すという手順も取れると思われます。もし保証人が債務者と親しい関係にあるなら、ある程度完済までの時間を猶予してもらうこともできないこともないかもしれません。保証人がまとめて返金ができなくても話し合えば分割に応じる場合も多いです。あなたの保証人に債務整理を行われると、お金が一円も返金されないことになるからです。また保証人がそのお金をすべて払う経済力がないならお金を借りたあなたと同様にどれかの債務整理をすることを選択しなけばなりません。2つめの選択肢は「任意整理」を行う方法です。貸金業者と相談する方法により3〜5年の年月で完済していく方法です。弁護士事務所にお願いするときの費用の相場は債権者1社につきだいたい4万円。合計7社から借金があればおよそ28万円かかることになります。また貸金業者との話し合いは自ら行うこともできないことはないかもしれませんが、法律や交渉の経験がない人の場合向こう側が自分たちにとって有利な案を提示してくるので、注意する必要があります。それに、任意整理を行うということは保証人となる人に借金を立て替えてもらうことになるわけですから、借りた本人はたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返済を続けていく必要があるでしょう。さらに3つめは保証人となっている人も返済できなくなった人と同様「破産宣告する」という選択です。保証人も破産した人と同じように破産宣告すれば、保証人の債務もチャラになります。しかしながら、保証人がもし株式などを持っている場合はそういった個人資産を没収されますし税理士等の職務にある場合影響を受けます。そのような場合、個人再生という制度を活用するといいでしょう。最後の4つめの方法は「個人再生をする」方法についてです。マンション等を残して整理をしたい場合や破産宣告では資格制限がある職業についている方に検討していただきたいのが個人再生による処理です。個人再生なら不動産は処分が求められませんし破産申し立てのような職業の制限、資格制限等は何もありません。

リンク

Copyright © 1998 www.e7news.com All Rights Reserved.